女性が男奴隷を持つ時代

~女性が男奴隷を持つ時代

奴隷として生まれて

僕を貴女のペットにして下さい。

今の時代、奴隷になる以外の選択肢はいくらでもあります。それがなぜ、不自由の象徴でもある奴隷なのか。

人間にはそれぞれ、この世に生を受けた理由があるそうです。

私はきっと女性の、お役に立つために生まれてきたのではないかと思います。

私は、美しい女性に対しては、対等な関係を持とうとは思いません。
一種のコンプレックスなのかもしれませんが、美しい女性のペット、道具、奴隷
そのような存在であることを望んでしまいます。

恐らく、かっこ良い男として生まれたのなら、また別の運命もあったのでしょうが、
今となっては、奴隷でよかったなーと思えるようになりました。

最初は遠慮がちでもへ

女王様と奴隷

奴隷とは  快楽地獄  人間便器  マッサージ奴隷

道具としての愛着  奴隷として生まれて  最初は遠慮がちでも

気が付けば奴隷に  汚物処理機  奴隷の誇り

支配と従属  出会いの奇跡 SMの扉を開けましょう

リンク